群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

そこには”温もり”と”人との繋がり”が ~学生シェアハウスでのまちなか居住と商店街~

今年の春、前橋中心商店街の馬場川沿いに学生専用のシェアハウスが完成した。

普段住宅に関わる仕事をしている私は、群馬では珍しいシェアハウスに興味が湧き、LLP(前橋まちなか居住有限責任事業組合)の代表で、入居している学生のお父さんお母さん的存在でもある大橋さん夫婦に話を聞かせて頂くことにした。

「全国的にも商店街にシェアハウスがあるのは珍しく、何とか成功事例を作るためにも実現させたかった。成功することで街中に人が増え、活気が出てまたお店にも来てもらえれば街も盛り上がると思って何とかやってやろうと思ったんです」

中心として動く方達の熱さと、多くの関係者の想いがこのプロジェクトに反映されていた。

そもそもこのシェアハウスは中心市街地の活性化を目的とし、前橋市在住のデザイナーの小林さん、前橋工科大学の石田教授、大橋さんを中心とした商店街の方々でプロジェクト化。本気で街中に活気を生むためには人々の「暮らし」が重要ということからスタートした。シェアハウスには現在、前橋工科大学の学生を中心に県内の大学・専門学生10名ほどが暮らしている。部屋は入居者の思い思いにコーディネートされていて、個人の趣味が垣間見える空間。 シェアハウスは風呂もトイレも部屋にはなく、キッチンも洗面所も共同。まさに学生寮のような感じ。

さらに奥さんからはこんなお話が、                                              「先日、突然学生から電話が来て『奥さん今日時間ありますか?』って言われて…。何かトラブルかと思って心配しました。そうしたら母の日だからって、みんなでお金を出し合って花束とアイスをプレゼントしてくれたんですよ。息子と娘が一気に増えたみたいです」

「嘘みたいな話なんですけど本当にあったことなんですよ」                                     そう話す顔は、何とも嬉しそうで素敵だった。

学生にもぜひ話を聞きたいと話すと、大橋さんは快く連絡を取ってくれた。 話を聞かせてくれたのは前橋工科大学の渡辺くん、藤木くん、岡田くん、田口くん、群馬大学の高井くん。

「友人に誘われて来たんですけど、『ただいま』『おかえり』、『行ってきます』『行ってらっしゃい』という当たり前の挨拶ができることが嬉しい」                                                           「朝、互いに起こし合ったり、料理も作ったらみんなで食べたり…とにかく『人』を感じるんです」                         「ぼく一人っ子だから家に帰って誰かいるっていうのが新鮮で楽しい」                                不思議な関係、まさにその通りだ。もしかしたら家族以上の、友達以上の存在なのだろう。

商店街のど真ん中に住むってどんな感じ?と尋ねると、                                     「学生生活でこれまで出会ったことのないコミュニティに出会えたことがおもしろい」                        学生の誕生日にお米屋さんが赤飯を炊いて、お寺の住職さんからはケーキのプレゼント。屋上を開放して地域の方達とバーベキューが行われたり、大橋さん自ら腕を振るってお好み焼きパーティーも。商店街の方の中には、せっかく学生がいるんだからとチラシのデザインや納涼祭のポスターデザインもお願いしたとのこと。学生たちも街中にいくつものお気に入りのお店があるようで、人との距離が近い商店街の人たちに居心地の良さを感じているようだ。学校の先生以外で自分のお父さん世代と会話することはこれまでなかったので、貴重な経験となっているようだ。

前橋の街中には懐かしさを感じるような温もりがあった。理想的な、地域とそこに暮らす人の姿がそこにあることにただただ感動した。

「世代が違っても、心は繋がっているんですね」                                         この大橋さん夫婦の想いと、学生たちとの会話で、今以上に街中が盛り上がることも決して難しくはないと思えた。

そこに家があるから住む。ではなく、そこで暮らす人と人がどう関わっていくか…。

地域ならではの暮らし方を目の当たりにすることができた。

2014年08月23日 | ライター:t_nishimura | 場所:前橋 | カテゴリー: 商店  

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索