群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

百聞は一見にしかず。プロバスケットボールの面白さは、自分の肌で感じるべし!『群馬クレインサンダーズ』

突然ですが、皆さん。
『bjリーグ』をご存じですか?

『bjリーグ』とは、2005年11月5日に開幕をした日本のプロフェッショッショナルバスケットボールリーグ。
そんな『bjリーグ』に、昨年、我が群馬県からも参加チームが現れた。

その、チーム名は『群馬クレインサンダーズ』

実際に試合を見た人に話を聞いてみると
皆、口を揃えて
『説明するのは難しいけど、1度見ると面白さが分かるよ』
と言う。

よし!前々から興味があったし1度観戦してみよう。

そして迎えた2013年10月5日。
この日は、『bjリーグ』の2013-2014シーズンの開幕戦だ。
群馬クレインサンダーズの試合開始は夕方だったが、
その前にもイベントをやっていたので早めにグリーンドームに向かうことにした。

グリーンドーム内に入ると、すぐに歓声が耳に入ってきた。
自然と、会場内に向かう足が早まった。
会場には、既に多くの人が集まっていた。

目に飛び込んできたのは、バスケットコートを走る中学生たち。
実際に、プロが使用するコートで試合をしているせいか
選手たち1人1人がイキイキしている様に見えた。

次に目に飛び込んできたのが、キッズスペース。
マジックブースやお笑いコーナー。
その他にも、撮った写真を缶バッチに出来るコーナーもあり、
子どもたちで賑わっていた。ニコニコしながらマジックショーを見ている子供も居れば、
フリースローコーナーで元気に体を動かしている子供も居て楽しい空間となっていた。

子供たちが遊ぶスペースの奥には、
お祭り気分を味わえるフードコーナーも発見。
定番のビールやおつまみはもちろん、
地元人気店のオリジナルメニューもありスポーツ観戦をさらに盛り上げてくれていた。

開幕戦で大忙しの中
群馬クレインサンダーズ球団社長の田邉さんに話を伺う事が出来た。
初のグリーンドームでの開幕戦。
人知れない苦労があったと教えてくれた。

普段の競技場とは違いグリーンドームともなればとても大きな会場。
そのため、スタッフの人数を多くかけられない中、
いかに効率良く運営を行っていくのかを何度も皆で考えた。

そんな中、実行委員の存在も大きい。
今回は総勢45名が企画・運営サポートをしてくれた。
皆、それぞれの仕事がある中
『群馬クレインサンダーズのため』
『地域が元気になるため』
そんな思いを持った人たちが集まっているに違いないと感じた。

続いて、田邉さんのチームに対する思いを聞かせてもらった。

昨年は11位と悔しい思いをした。
だから今年は、10位、9位を目指すのかと言われればそうではない。
あくまで群馬クレインサンダーズは、勝利にこだわり優勝を目指す。
これは、来年も再来年も同じこと。

そして、いつの日か群馬に住むおじいちゃん、おばあちゃんが
『昨日のサンダーズは勝って良かったなぁ』
と言う会話が日常の中で出てくる。
そんな地域から愛されたチームにしていきたいと。

そして、『群馬クレインサンダーズ』対『埼玉ブロンコス』の試合がスタートした。
プロ野球やプロサッカーは、観戦したことがあるがプロバスケットボールは初めて。
とにかく驚きの連続。
応援が何より面白い。
オフェンス(攻め)とディフェンス(守り)をスピーディーな試合展開で観客が行っていく。
試合前に練習をしているから、観客全体で楽しみながらやっていた。
時には、ウェーブが起きる事も。

次に、タイムアウトが20秒と60秒があるって事。
スピーディーな試合展開で緊迫した雰囲気でも、
タイムアウトになるとチアガールがその場の雰囲気をガラッッと変えてくれる。
こんな感覚はスポーツを見ていて味わった事はない。
応援にしろ、見ているだけでなく自分も試合の一部になっている感覚を持った。

そして、選手との距離が近い。
すぐ目の前を、もの凄いスピードでドリブルしていったり外国人の選手であれば、
ダンクを狙うなど迫力満点。
また、1対1の駆け引きや3ポイントシュートなどもテレビなどで見るものとは、迫力が全く違う。

これがもしからしたら、バスケットボールの面白さ・醍醐味なのではと思った。
そして、実際に試合を見た人が言っていた
『1度見ると面白さが分かるよ』
と言われた事が、理解でき納得出来た。
そして、驚きはそれだけではなかった。

1Q21対10

2Q19対20

3Q10対26

と残すは4Qのみ。
50対56とサンダーズが6点を追う試合展開だった。

4Qも息を飲むような試合展開。
点を取れば、取られ、追いつけそうで点差が開く。
残り1分を切り会場全体がサンダーズの逆転を信じ祈っていた。

そして

残り30秒。

ついにサンダーズが逆転し、72対71で初戦を白星でスタートをした。
試合終了のブザーが鳴った瞬間、観客の大歓声が沸きあがった。
喜ぶブースターや観客の姿が今でも目に焼き付いている。

バスケットボール、めちゃくちゃ面白いじゃん。
また、試合観戦したい。この雰囲気を味わいたい。
そんな気持ちで、会場を後にした。

群馬クレインサンダーズ公式ホームページ
http://www.g-crane-thunders.jp/

Bjリーグ公式ホームページ
http://www.bj-league.com/

今後の試合日程
10月26・27日新潟アルビレックスBB戦
11月1・2日青森ワッツ戦
11月9・10日富山グラウジーズ戦
2013年10月18日 | ライター:k_miyazawa | 場所:前橋 | カテゴリー:イベント・祭  

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索