群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

高崎の街を独り占め。素敵な景色を一望できる隠れ家~高崎市役所展望台~

「あなたの心に残っている風景はなんですか?」
高崎の街を無料で一望できるスポットがある。私のお気に入りの場所。
それが今回、紹介する高崎市役所展望台だ。

高崎市のランドーマークタワーともいうべき高崎市役所の21階にある。
高崎駅周辺の街中に蒼然とそびえたつ高崎市役所。

現在の高崎市役所は1998年(平成10年)に建てられたものである。
群馬県内では二番目となる高さで、前橋市にある群馬県庁舎に次ぐ規模だ。
その高さはなんと102・5メートル。
群馬県内では数少ない超高層ビルなのである。
その姿は高崎駅周辺をぷらぷらと歩いていれば自然と目に入る。
しかし、用がなければ進んで行こうとは思わない場所だ。
そんな市役所の21階まで上がったことのある人はどれくらいいるだろう。
みんな知らない。そこから見える景色の素晴らしさを。

エレベーターで21階までいく。この高揚感がたまらない。
エレベーターを降り展望ロビーにいくと
目の前一面に広がるパノラマビューに「きれい」という言葉が思わず出てしまう。
ロビー内は落ち着いた雰囲気でソファに座りながら景色を眺めることができる。
絵を描く人、
写真を撮る人、
景色を見る人、
友人や家族と語り合う人、
恋人と寄り添いながらいい雰囲気になっている人、
ロビーではみんなが思い思いの時間を過ごしている。

展望台から北には榛名山、東に赤城山、西に妙義山を望める。
山に囲まれた展望台で友人、恋人、家族と話を弾ませる。まさに四方山話である。
高崎のまちなみや自分たちが住んでいる場所を上から望むことに楽しさを感じる。
現に私は自分が育ってきたこの街を眺めるのが大好きだ。
あんな道あったっけ?あそこまた新しいビルができるのかあ。
と新しい発見をすることもあれば、悠然とそびえたつ上毛三山や光がキラキラと
反射して流れていく烏川など、昔から変わらない風景を眺めることもできる。

またこの景色は時間で顔を変える。
昼下がり満天の青空の下に広がる高崎のまち、
夕方のマジックアワーに反射する高崎のまち、
そして夜には幻想的な光をもってあらわれる高崎のまち。
どれも素敵である。
自分たちがこの素敵な景色を持つまちに住んでいるのだと誇らしくなる。
ここに来ると元気をもらえる。
私にとって高崎のまちを一望できるこの展望台はまるで隠れ家。
誰にも邪魔されず高崎の街を自分のもののように独り占めできる。
そんな素敵な景色を見ることのできる高崎市役所展望台に一度足を運んでみてはどうだろうか。
自分はこんな素敵な景色に囲まれて暮らしているのか、と実感できて
自分の住んでいるこの街がもっと好きになることだろう。

想像を超える景色と心地よい空間があなたを待っている。

■高崎経済大学特別企画投稿~自分たちの街の元気を考える。PRJ.■
ライター:高崎経済大学 地域政策学部 伊藤ゼミ 赤石×井上
 

■高崎市役所 展望ロビー
住所/群馬県高崎市高松町35番地1
TEL/027-321-1111
開設時間/8:30~17:15
月曜日から金曜日まで。
土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は開設していません。
2013年09月30日 | ライター:gumi | 場所:高崎 | カテゴリー:自然・景色  遊ぶ 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索