群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

「お金を払う人ともらう人の距離が縮まらないと、いい商売はできない」
~ラーメン永吉~

今回ご紹介するのは、元総社町にある「ラーメン永吉」
偶然ランチに入ったお店だが、店内の雰囲気とご主人の人柄に興味が湧き、取材を申し込んでみた

店内に入り、まず目を惹かれるのが、壁にたくさん飾られている矢沢永吉の写真、バイクの写真
その理由を伺ってみると、いたってシンプルに
「矢沢永吉のファンなんです」
とご主人の篠崎さんが答えてくれた
小学生の時に読んだ「成りあがり」という本がきっかけで、”矢沢永吉”というその人柄や生き方に共感し
ライブに行ったりと知れば知るほど、ボディブローのようにじわじわと好きになっていったのだそう
篠崎さんは子供の頃から、ラーメン屋さんになりたいと思っていて
この時から、お店の名前は「永吉」にしようと決めていたそうだ
また、毎年バイクで7~10日間のツーリングに出かけるのが趣味という篠崎さん
小柄で華奢に見える奥さんも、バイク雑誌に掲載されるほどの有名人らしい

「永吉」をオープンして2年になる篠崎さんだが
ここまでの経歴がとても興味深かった

いずれお店を持ちたいと考えていた篠崎さんは
25歳くらいまではお金を貯めつつ自由に遊ぼうと決めていたらしく
意外なことに、ビルや工場の外壁をつくる仕事をしていたそうだ
その後バブル崩壊後に徐々に仕事が減ってきたタイミングで
今度は居酒屋さんを始めようと決意し独立する

「お店を始めてからの半年間は毎日泣いてました」と語る篠崎さん
200席もあるような大規模な店内に、従業員(スタッフ・バイト含め)が8人くらい
開業前の準備期間中、内装などハード部分のつくりこみやお店のPRばかりしていたため
オープンの日を迎えても、肝心のお店のメニューができていなかった、など
開業後にお店の営業をしながら、全部を作り上げるような毎日だったとか

貯金も底をつき1年半も赤字が続く厳しい状況の中で
毎日「なんでこんなこと(居酒屋の開業)をしてしまったのか・・・」と後悔してばかりの日々
それでも諦めずにお店を続けられたのは、奥さんの一言があったから

「大丈夫だよ」

どう考えても大丈夫じゃないだろ(笑)と思っていても
毎日奥さんが大丈夫だと言って励まし、勇気を与えてくれたから、支えてくれたから
続けてこられたのだと篠崎さんは語る
「だから今があるんです」と

その後苦労して軌道に乗せた居酒屋を3年後にあっさり手放し、
バーやホルモン焼きのお店など手広く展開しながら
そろそろ本当にやりたかったラーメン屋さんを始めようと、2年前に永吉をオープンする
今度は、納得のいく”永吉の味”をつくるのに1年もかかったそうだ

スープづくりは、徹底的に手間にこだわる
毎日事前準備に1時間かけ、5時間かけてじっくり煮込み、2~3日寝かせる
永吉では火加減・塩加減にこだわりながら、煮詰めずに作るのがポイント
夏と冬では気温や湿度の違いから、当然沸点も変わるので火加減も変わる
毎朝スープの味を確認するのだが、なんだかいつもと味が違う・・
そんな時は必ず、骨の洗い方が不十分でなかったかどうかなど担当スタッフに詳細に確認してやり直す
またある時は、鳥の個体差があるのでスープの濁り方が変わったり、油分が多くなったり・・
毎日違う味になるので、感覚ではなく細かくデータをとりながら工夫を重ねる

「今日のスープは特によくできた。旨い。」
そんなふうに思う日に限ってお客さんが少なかったり、と毎日が修業の連続だと語る

篠崎さんが今後も大事にしていきたいことは、人を残すこと
人によって味も変わる、店も変わる、売上ももちろん変わってくるのだと
「お金を払ってくれる人とお金をもらう人の距離が縮まらないと、いい商売はできない」
そう思っています、と

40年の歳月を経て最近考えるのは、そろそろ「人生の締め方を考える」ことだそうだ
ラーメン屋さんだけで終わりたくない
この先も常に何かにチャレンジし続けていきたい
何度失敗しても、矢沢永吉のように”絶対に負けない” ”あきらめない人”であり続けたい
ある日”やりきった”と思えるその日まで

「ラーメン永吉」とは
スリルを求めて常に何かをたくらんでいる店、
悪人顔だけど、ちゃんと真面目にラーメンをつくっている店、
そんなふうに感じてくれたら嬉しい、と篠崎さんは語る

「いつまでたっても苦労がいっぱい(笑)でも人生の折り返し地点を思いっきり楽しんでいきます」
「あとは久々にツーリングにでかけたいですね。この2年忙しくて行けなかったので」
今年の夏は北海道の原野を気持ちよさそうに走っている、そんな篠崎さんの姿が目に浮かぶようだ

■ラーメン永吉
住所/前橋市元総社町2159
TEL/027-254-1199
営業時間/11:30~14:00、18:00~24:00※スープがなくなり次第終了
定休日/毎週月曜日
2013年04月05日 | ライター:るー | 場所:前橋 | カテゴリー: 飲食店 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索