群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

ロサンゼルスで7年間修業した本場のカリフォルニアロール|Old Home Place|

先週2月3日は節分。
恵方巻きは食べましたか?
もともと馴染みのなかった東日本の人間なのでどこにもない物をとカリフォルニアロールのOld Home Placeで予約。

内側の具材もカリフォルニアクラブ・うなぎ・卵焼き・かんぴょう・桜田麩・きゅうり
外側はピンクのソイペーパー  という仕上がり。

カリフォルニアロールは アメリカ人が考えた寿司 という自分の認識だったが改めて調べてみると
ロサンゼルスのスシ・バーで日本人が考案したものとのこと。
捉え方が変わってくる。

ソイペーパーは大豆でできたシートで黒い海苔に抵抗感がある海外で使用されているそうだ。
こちらも日本独自のもので海苔よりスシ自体の味わいがマイルドになり
中に敷き詰めた素材が米に浸透しにくいという利点もあるようだ。

 

カリフォルニアロールの店を出した経緯を
オーナーの高橋さんに伺うと
もともと趣味の音楽で渡米し、最初は、職を確保するためにスシ職人を選んだそうだ。
さまざまな店で修業するうちに日本人の舌にあったカリフォルニアロールを地元で提供したいと考えるようになった。

「向こうは味が大柄だからオレが美味しいと思うものはそんなに多くはなかった。
その中でこれだ!と思うレシピを教えてくれっていっても簡単に教えてくれなかったよ。
何度も何度もお願いして
いろいろな店で知った味をずっとノートに書いて集めていったんだ」
ロサンゼルスで7年間修業したオーナーの舌と努力の賜物がこの店のメニューなのだ。
おススメはと伺うと
「一番出るメニューは『レインボーロール』かな」とにぎってくれた。
まぐろ、ぶり、サーモン、白身、びんちょうマグロ、アボガド、中のカリフォルニアロール(カニ、アボガド、キュウリ)の7色。
贅沢で色鮮やかなロールスシが出てきた。
新鮮な魚の味、カリフォルニアロールのマイルドさが口の中で一つになる。
一本のロールで何種類もの魚の味が楽しめる。

アメリカの修行時代の話をいろいろと伺っていると
「アメリカはね~何人かで注文した時に絶対『お先に』って先に誰かが 食べるってことはないんだよね。
絶対、一緒に出すんだよね。
みんなが揃ってから食べるから。
そういった意味で品物の出し方ってすごく気を付けて出す。
例えば、同時にメインとサラダを頼まれたら先にサラダを出すとか。
日本は忙しいのかその気配りが少し足りないと思うことがある。
いいところは取り入れたいよね。」
文化は違えどいい習慣は取り入れ、アレンジしていく工夫が感じられた。

そんな日本発アメリカ育ちのカルフォルニアロール
本場の味をアメリカンな雰囲気のお店で
空間を楽しみながら食するのも来店消費の醍醐味だと感じた。

 

■OldHomePlace
営業時間/12:00~14:00
       18:00~23:00
店休日:火曜日
住所:前橋市天川大島町1-7-1天大ビル1F
TEL:027-243-5596
Blog: http://blog.livedoor.jp/oldhomeplaceohp/
2013年02月08日 | ライター:gumi | 場所:前橋 | カテゴリー: 飲食店 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索