群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

音の架け橋で人と街をつなぐ
~音楽のある街、たかさき~ ピアノプラザ♪♪

音楽のある街、高崎

ピアノの所有率が全国1位、と云われる群馬県
群馬交響楽団をはじめ、著名な音楽家を多数輩出
年間を通して多彩な音楽イベントが開催され
日常生活の中に音楽がちりばめられている街

なぜ音楽の街といわれるようになったのか、その由来を調べてみると
1945年、戦後の荒廃の中で文化を通した復興を目指して「高崎市民オーケストラ」が創設され
翌1946年に「群馬フィルハーモニーオーケストラ」と改称
1955年「群響」をモデルに制作された映画が公開され全国的に注目を集めたことがきっかけとなり、
1956年に文部省より、群馬県が全国初の「音楽モデル県」に指定されたそうだ
1963年「財団法人群馬交響楽団」と改称して今に至る
日本では2番目に古いオーケストラらしい

中でも高崎市は「音楽のある街」という合言葉のもと様々な活動を展開
1961年、高崎市内に建設された「群馬音楽センター」は、予算の1/3が市民からの寄付だったという
その後、1990年から始まった高崎音楽祭、高崎マーチングフェスティバルとともに
「音楽のある街」という理念が生まれ、市民文化を表すキャッチフレーズとして今も使われている

今回取材にお邪魔したのは、問屋町にある「ピアノプラザ群馬」

アジア初の「スタインウェイセンター」を持ち、
製造、販売、メンテナンス(調律・修理)、レッスン(音楽教室)、ショールーム「シューベルトサロン」と
敷地内にはテーマパークのように様々なゾーンがあり、見て回るだけでも楽しい

ピアノ好きなら知らない人はいないであろう、
現代のピアノの最高峰と云われる「スタインウェイ Steinway&Sons」
ドビュッシーも自ら作曲するときに弾いたという「べヒシュタイン C.Bechstein」
スタインウェイ・ベヒシュタインと並ぶ世界3大ピアノ「ベーゼンドルファー Bosendorfer」
イタリアの至宝「ファッチィオリ Fazioli」

アンティークピアノと呼ばれる、手彫りの彫刻などこだわったデザインのものも多く
もともとピアノは家具のひとつとして作られていたからなのだそうだ

ヴィンテージモデルから超高級モデルまで、約250台ものピアノが惜しげもなく並び
自由に見て触って、試弾して聴き比べて、あっという間に時間が過ぎていく
まるでおもちゃ箱を前にしたように、子供みたいにワクワクしてしまう
お店を訪れる人の滞在時間は平均6時間。やはりみなさん同じのようだ。

ピアノのメンテナンスの工程を簡単に紹介すると…
■調律 
 ピアノ弦の張力を調整して音階を作る作業
 鍵盤が弾かれて弦が鳴らされた時に、230本余りの弦が正しい音階をだすようにする
■整調
 鍵盤が弾かれアクション(内部機構)を通してハンマーが弦に当たり発音し、
 その音をダンパー(消音機構)がとめるまでの一連の動作を整える作業
 製造の時に理想とされた寸法に合わせるのが基本だが、
 可能な限りの高いレベルと精度で揃えておくことが重要
■整音
 主にハンマーフェルトと呼ばれる部分に施す作業
 そのピアノの持つ音色を最終的に決定する作業でもある

代表の中森さんは、実家がピアノづくりをしていたこともあり、
幼い頃から家庭の中に音楽があり馴染みも深かった
縁あって群馬に来てからというもの、音楽を架け橋にして人と街を繋ぎたい
音楽という文化を切り口とした、豊かな生活を提供したい、そんな活動を日々続けている

クラシックといわれると敷居が高いイメージがあるかもしれないが
自由に好きなように楽しんだらいい
音楽も語学と同じで、コミュニケーションを深める”ツール”なのだと語る
音楽を好きになって欲しい、楽しんで欲しい、そんな想いから
年間40~50回にも及ぶ演奏会を開催している

音楽への造詣も深く、調律もこなす中森さんが1番大切にしていることは
最高のコンディションで演奏できるようにとの、演奏者への心遣い
メンタル・フィジカル両面でサポートできるようにと
パートナーであり、コーディネーターであること

演奏者が気持ちよく演奏し、それを聞く聴衆に喜んでほしい、ただそれだけ
演奏者と聴衆をつなぐ大事なポジションなのだと語る

テーブルに一輪の花を添えるように
毎日の生活に少しだけ音楽を取り入れてみる
通勤する車の中で好きな曲を聴くとか
たまには音楽を聴きに出かけるとか

何気ない日常の中でそんなふうに思えるのは
音楽のある街、と呼ばれる所以ではないだろうか

■ピアノプラザ群馬(本店)
住所/高崎市問屋町西1-3-10
TEL/027-363-1262
URL/ http://www.pianoplaza.com/
2012年12月07日 | ライター:るー | 場所:高崎 | カテゴリー:モノ・ワザ 歴史・文化 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索