群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

甘辛いタレかつと、ごはんのハーモニー♪群馬県人のソウルフードに迫る!

あなたが「かつ丼」と言われて想像するのはどっち?

・かつを煮て卵でとじた「玉子とじかつ丼」
・独自のソースに潜らせた「ソースかつ丼」

全国津々浦々あるが、群馬県ではこのソースかつ丼がメジャーな食べ物だ。
前橋や桐生のご当地の食べ物として、県外からの観光客にも多く親しまれている。

ソースかつ丼の発祥地を調べてみると様々な説がある。
東京都 早稲田
長野県 伊根地方・駒ヶ根地方
福島県 会津若松
福井県 福井市
そして、群馬県前橋市だ。

B級グルメ人気を追い風に、全国的にソースかつ丼を扱うお店も多くなっている。
早稲田のヨーロッパ軒が、大正2年に東京の料理発表会でソースカツ丼を発表したのが
そもそもの始まりとしては有力のようだ。

とんかつソースor醤油ベースのつけだれ
キャベツがあるorきゃべつがない
など一概にソースカツ丼と言っても奥が深い。

群馬には工場が多く、働きものの工員がパパッと食べる為に作られたという話もあり
ひとえにかつ丼と言っても色々な物語がありそうだ。
今回は、この群馬名物ソースカツ丼で有名なお店に伺ってみた。

■西洋亭 市(前橋市) ※写真1・2・3
前橋の中心市街地、中央通りのアーケードから、馬場川町通りにある
大正4年創業、ソースかつ丼の元祖と言われているお店だ。
中に入ると、レトロで落ち着いた雰囲気の中、店長の小菅さんが迎えてくれた。
大正4年に創業した西洋亭の味を今のオーナーさんが引き継ぎ経営しているとか。
秘伝のたれの中身は色々入っているものの詳細は企業秘密との事で教えてくれなかったが
基本は醤油ベースでお酢が入っているとか。
その為、頼んだ【元祖ソースカツ丼】はさっぱりとした味わいだった。

創業者の息子さん(現在90歳位)も定期的に食べに来て伝統の味をチェックしているとの事。
「肉はこんなに厚くなくていい!ソースカツ丼は衣とソースを食べるものなんだ」と名言を残された事もあるとか。
ソースカツ丼奥が深い・・・

■そば処大村 総社店(前橋市) ※写真4
大正9年創業した大村より、のれん分けしたお店。
おそば屋さんのソースカツ丼は、T-1初代グランプリに輝いたメニューで
今や来店者の8割がソースカツ丼を食べるそうだ。
おそば屋さん独自のタレにくぐらせたソースカツ丼はちょっぴり甘め。
3枚のカツは、ジューシーで、たれの沁みたごはんも旨い。
さすが、グランプリに選ばれただけの事はある。
壁を見ると、不思議なポスターを発見!
【ソースカツ丼スタンプラリー】 目指せ!ソースカツ丼マイスター
2代目の柴崎さんにお話しを伺うと
県内に大村ののれん分けした店舗が、10店あり(現在1店舗休業中)
ソースカツ丼を広める為に、行っているんだとか。
ペア宿泊券や食事券などが当たる企画で大々的だ。
もう2周目に入っている方もいるらしく、ソースカツ丼マイスターが続々と生まれているそうだ。
新聞社が群馬で行ったアンケートでは、後世に残したい食べ物としてソースカツ丼が上位にランキングされているなど、
群馬にはソースカツ丼文化が浸透しているとお伺いする事ができた。

■栄寿亭(高崎市) 写真5
群馬のかつ丼を語るのに、このお店は外せない。
創業は大正8年。創業93年になる高崎市あら町にあるお店だ。

カツ丼A(玉子なし) 400円
カツ丼B(玉子あり) 450円
かつ丼(玉子なし ジャンボカツ)660円

メインのメニューはこの3つ。他にもカレーやオムライス、ハンバーグなどもあり
もともと洋食屋としての開業らしいが現在8割の人が、かつ丼を頼むという。

実はここのかつ丼は、ソースかつ丼ではない。
「当店のかつ丼(玉子なし)はソースかつ丼ではありません。伝統の和風ダレのかつ丼です」
とメニューにも表記してあるのだ。
4代目店主若林さんに伺うと、大正や昭和の初めは玉子が貴重だった事から
かつ丼と言ったら、和風ダレのかつを丼ぶりに乗せたものだったとか。
それが流通が発達した事により、玉子で包むようになったそうだ。
「かつ丼=玉子なし」なので、ソースかつ丼という表記はしていないそうだ。
値段の手軽さや、親しみやすさで多い時には300食、1000枚位のカツを揚げているとの事。
高崎のソウルフードと呼ばれているだけの事はあるお店である。

■その他
桐生で有名な、志多美屋本店や屋食堂
安中のタルタルかつ丼など
調べると色々なかつ丼屋さんが出てきたが
これ以上調査すると、お腹まわりが大きくなってしまうので今回はこの辺で終了。

今回の取材ではソウルフードの深さと幅広さを感じる事ができた。
群馬にはまだまだ、魅力的なものがいっぱいあるので深堀りしていきたい。

 

①西洋亭 市
住所/群馬県前橋市千代田町2-12-12
電話/027 -235-6846
②そば処 大村
住所/前橋市総社町総社1491-1
電話/027-251-5807
③栄寿亭
住所/群馬県高崎市あら町7-1
電話/027-322-2740
2012年11月09日 | ライター:篠原 輝充 | 場所:前橋 高崎 | カテゴリー: 飲食店 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索