群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

【ザスパ草津U-23】働くファンタジスタ ~自分を支える本当に好きなもの~ 

抜けるような青空と真っ赤な紅葉をバックに
選手たちが颯爽とピッチを走り抜けてゆく

ここ小雨グラウンドは、
ザスパ草津U-23のトレーニングを見ることができる穴場スポット
毎月のように足を運んで、応援に来てくれるサポーターもいるようだ

ウォーミングアップ・ペース走・ボールコントロール・シュート練習
などを中心に約2時間半のトレーニングが本日のメニュー

チームメンバーは現在14名 昼は練習、夜は温泉街の中にある宿や飲食店で働いている
昼と夜の全く別のポジションをこなせる、ユーティリティプレイヤー揃いだ

一方で、誰もがTOPチームに入ることを目標に、打込んでいるのは言うまでもないが
その狭き門に夢を諦めて、去っていく選手も少なくない

今年の春からメンバー入りした、サイドハーフ
城田 匠(しろたたくみ)さん(20歳)に密着取材をしてみると、
選手達のリアルな日常を垣間見ることができた

子供の頃からサッカーが大好きだった彼は、15歳でブラジルに留学
帰国後も前橋~岩手~広島~草津と、新たなフィールドを探しながらずっとサッカーを続けてきた
子供の頃からの変わらぬ夢と内に秘めた熱い闘志を、今も大事に持ち続けながら

昔はコーチからアドバイスを受けても納得できず、周りからの意見を認められなかった頃があったという
今まで自分の中で信じてきたこと。培ってきた自負・自信。そしてプライド
またある時には、チームの解散によってサッカーができなくなるなど、たまらなく悔しかった思い出

このチームに来てからは、先輩メンバー、コーチ、サポーター、たくさんの仲間達との出会いが
相手を受け入れて自分を変えよう、それが自己の成長になると思えるようになり、肩の力が抜けた
やっと自分と向き合えたのだという

「サッカーがあったから、今の自分になれた」
「本当に好きなものが1つあれば、つらい時も自分を支えていくことができる」

サッカーを通して自分を成長させたい。そうやってステップアップしていくことが楽しい
プロへの道は厳しくても、これからもずっとサッカーを続けていきたい
晴々とした笑顔で力強く語る

午後4時
練習の後、休む間もなく選手達はそれぞれの仕事に向かう
大好きなサッカーと仕事の両立
頑張ってプロへの道を目指している選手たちがいることを知ると
心から応援したくなってしまう

町に、宿に、応援してくれる人たちにこそ
もうひとつのチームがあったのだ

■ザスパ草津U-23
URL/ http://www.thespa.co.jp
(取材協力)草津ナウリゾートホテル
http://www.kusatsu-now.co.jp/
2012年11月06日 | ライター:るー | 場所:北毛 | カテゴリー:  

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索