群馬よもやま話|前橋・高崎など群馬を自慢するwebサイト

バックナンバー検索
  • カテゴリー
  • 場所
  • 季節
  • ライター
  • 記事種類

検索条件リセット

閉じる

日本で初めて、世界でも稀な【中和事業】。1分も休むことなく、川の水を中和し続けている。

わが編集長が草津お初ということで、観光を兼ねた取材へ。

どんぐりでホテル系レストランで出てくるような、

上品なフォンドヴォーで作り上げたハンバーグに舌鼓を打ち、

さぁ、大滝の湯へ!

下の駐車場付近で【中和事業】の看板。

なんだろ?中和事業?この温泉地で何と何を中和するの?

編集者の血が騒ぐ!いざ中へ。

 

そこは国土交通省が運営する、品木ダム水質管理所。

本年度、管理所内にある中和事業を見学・体験できる施設

【環境体験アミューズメント】に勤務されているスタッフの方が説明してくれた。

 

中和事業があるからこそ、人々や生き物の暮らしが守られているんです!

 

というのも、硫黄による高い酸性の吾妻川は、

鉄やコンクリートだって溶けてしまうほどの、

生き物も住めない、『死の川』と呼ばれていたそうな。

 

川に石灰を入れて、酸性だった川の水を

中和することに成功したのです。

実に昭和39年、日本で唯一の中和工場として、

現在に至るまで、稼働し続けているのです。

 

ちなみに酸性の度合を表す【pH】、例えると、

pH2 草津温泉

pH5 ビール

pH8 牛乳

pH13 灰汁

魚が住めるのは、pH6.5~pH8.5の間。

 

「私の任期は一年間ですから…」とスタッフさん。

もうすぐ任期を終える少しの寂しさを覗かせながらも、

この事業を、次世代に伝えていかなければならない、

使命感に燃えているようにも見えた。

 

私自身、草津には何回か来ているが、初めて知った。

強い酸性がもたらすことは、

ただ単に泉質や効能といったメリットだけではないんだと。

 

さて、縁の下の力持ちさんに感謝しながら、

大滝の湯に向かうとするか。

■国土交通省関東地方整備局
品木ダム水質管理所内
(環境体験アミューズメント)
住所/群馬県吾妻郡草津町大字草津604-1
TEL/0279-88-5677
FAX/0279-88-4734
2012年08月04日 | ライター:木下 朗 | 場所:北毛 | カテゴリー:歴史・文化 自然・景色 

最新バックナンバー

その他のバックナンバーを見る


ページトップへ
フリーワード検索